聖なるハーブ、セージのある生活

IMG_2580_2

乾燥したセージがヒーリングやセルフケアに役立つことをご存知ですか?

クリスタル(天然石)が好きな方はセージの浄化力についてよくご存知だと思いますが、セージの効用についてもうすこし詳しく書いてみたいと思います。

セージ(シソ科)は、アメリカのカリフォルニアから南西部の乾燥地帯の山に自生するハーブで、ネイティヴの人たちの間で昔から聖なるハーブとして重宝されてきました。ホワイトセージ、ブルーセージ、バッファローセージなどいろんな種類がありますが、どれも、乾燥させ、火をつけて焚くと、フレッシュな草の香りがし、たちまち、空間が爽やかでやさしい波動で満たされていきます。

ネイティヴの人たちにとって、セージの煙と香りは現実とスピリットの世界をつなぐものと信じられており、自然界の精霊や先祖のスピリットを呼び込む儀式に、祈りに、ヒーリングに、神聖な空間を創り出すために敬意をもって焚かれます。

また、セージはネガティヴな波動やエネルギーを浄化し、人の体やオーラ、家、土地、環境などを清め、本来の純粋な状態に戻し、そこに調和をもたらします。シャーマンたちは、セージを焚き、人の魂のヒーリングや肉体を持たない存在の癒しと解放の儀式も行なってきました。

セージを焚いてみると、その空間が居心地がよくなり、とても気持ちのいい場所になります。また、自分自身のエネルギーも浄化され、脳やマインドが休まり、意識を自分の内側の静かな領域に向けて開くことができるので、瞑想やエネルギーワークにも適しています。

あるとき、瞑想していて他の次元を旅しているような状態になり、現実に意識を戻すときに、ふと自分が焚いていたセージ煙が見え、その一筋の煙をたどって現実の世界に帰ってきた経験がありま す。そのおかげで、眠り込んでしまわずに、経験したことを覚えたまま戻っ てくることができました。

あとで、プレアデス系のチャネリング情報で、プレアデスの存在が「セージの煙は次元を超えて届く」と語っていて、なるほど、と思ったことがあります。セージは、現実とスピリチュアルな世界の架け橋となることができるのです。ということは、自分とハイヤーセルフをつなぐということでもあります。

知識や経験からではなく、心と魂が調和した“ほんとうの自分”を感じ、自分の内面から気づきを得て、より直観的、創造的に物事をとらえてゆく、そうした私たちの本来持っている力を、セージは引きだしてくれるのだと思います。

セージはこのようなときに焚くことができます。

  • 朝、目覚めて、フレッシュな1日を始めたいとき
  • 部屋や家をお掃除したあと、仕上げのお清めに
  • ヒーリングや瞑想のおともに
  • アートやクリエイティヴな作業の際に
  • 外出から帰ってきたときのオーラクレンジングに
  • エクササイズやワークアウトのあとのリフレッシュに
  • 1日のおわりに、エネルギーリセットに

【使い方】

葉を1枚とって、火をつけて、軽く振って火を消します。すると煙が立ち上りますので、器において、その煙と香りで、クリスタルを軽くいぶしたり、お部屋の中にくゆらせて、浄化します。

オーラを清めるときは、手でセージの葉を持って、体から10~30センチくらいの領域を煙でなぞるようにして、頭の上からつま先までトリートメントするようなつもりで移動していきますと、エネルギーが動き、ヒーリングが起きます。

※祈りをこめてセージを焚きます。このときは、バラのドライフラワーと一緒に焚いてます。風をかるく送って煙をくゆらせます。葉1枚ではなく、枝ごと焚いているため、たくさんの煙が出ています。

sage_11

マナでは、ホワイトセージのプレミアムリーフ(初夏に収穫された葉が大きくて香りの強い高品質のもの)をご希望の方にお分けしております

ご購入をご希望の方は【こちらのオンラインショップ】をごらんください。

IMG_2588_2

※使用上のご注意

  • 火のついたセージは高温になりますので、耐熱の器か、スタンドの上に置いた貝殻のような専用の器をご使用になり、直接テーブルの上に器を置かないようにご注意ください。
  • 火の元に充分お気をつけて、火が自然に消えるまで、側を離れないようにしてください。葉1枚で、だいたい10分程度燃えます。クリスタルやお部屋の浄化には葉1枚で充分です。
  • マンションなど、煙探知機のあるお部屋での使用は、葉1枚程度にお控えいただき、煙が出すぎないようにご注意くださいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA