ハートを開くワーク・開発記

※この記事は、2012年7月に旧ブログで書いたものを転載しました。

 

ハートを開くとは、ひとことで言えば「自他を愛する勇気」です。

人生の中でトラウマとなるような痛みやショックを経験するとき、私たちは傷つきたくない、悲しくなりたくない、弱くなりたくないために、究極の防御として無感情となり、ハートを閉ざし、何も感じなくしてしまうことがあります。

けれども、それで、辛いという経験を避けることはできても、愛や喜びを感じたり、求めたり、受け取ることもやめてしまい、自分を偽るようになってしまうか、憂鬱感や諦め、自己否定感を感じ始めて、だんだんと自分や人を信じたり愛することを難しくしてしまうのです。

なぜなら、感情は真実の通り道だからです。感情を閉じ込めたことにより、 時としてそれが身体的・神経症的な症状となってあらわれたりすることもあります。

 

このワークは、自分と向き合い、辛い感情を避けることなく、自分自身をありのままにを受け入れることを助ける愛のエネルギーで包むことにより、自他を愛する勇気を沸き上がらせ、真実の自分を感じられるように、また、どのような自分であってもその経験が自分を大切にし、愛し始める瞬間となるように意図して作った錬金術です。

また、その人と接した他の人にもハートを開く勇気とインスピレーションを与えるようになっています。

かくいう私も、以前はどちらかというと感じることをよりも防御してきた人間でした。そのために自分を偽り、強がり、完璧を自分に強いたのです。でもその生き方ができなくなり、弱く傷ついた自分を受け入れたとき、悲しいという感情を感じることを通して、自分を愛し始め、癒されていきました。

そして、私は、時にはハートを開いて傷ついてしまわなければ前に進めないこともあることを知り、乗り越えられないものはないこと、また、自分の中にある力を信じられるようになっていきました。

すべての人がそうであるべきだとは思いませんが、もしもあなたが無理をしているように感じ、ストレスや重みを感じ、癒しを必要としているけれど、心の中で何かが深くこじれてしまっていてどうしていいかわからないとき、このワークは、あなたにとって助けとなると思います。

あなたが、どんなときも自分と共にあり、ハートから生きられるように、そして、自分と向き合うことにより自らを癒し、困難を乗り越えてきた自分を好きになり、感動と喜びをともなって成長してゆけるように、必要とされている方に私の思いや経験が何かの役に立つことを願って、このワークを共有させていただきたいと思っています。

 

このような方におすすめ:

  • 無感情で、自分の喜びや愛がわからない
  • 心と身体がつながっていないと感じることがある
  • 自分自身を信じ、愛したい
  • 乗り越えたいことがあるが、どうしていいかわからない
  • 人をゆるし、前にすすみたい
    ・・・など

※現在、このワークは、マナセッション(おまかせカスタマイズセッション)か、遠隔ワークにてご提供しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA