「望む喜び」の奇跡と神聖さ

人の「望む喜び」がどれほど神聖な力を秘めているのか、そして、私たちがどれほど偉大な存在なのかを、レムリアンサージャリーによって学んだ部分は大きいと思います。

そのエピソードを書いてみます。

イエス・キリストは教えを説く前に病気の治癒などのヒーリング活動をしていました。それが奇跡として人々に伝わり、多くの人がイエスのもとに訪れ、治癒を願い、実際に治癒人も多かったそうです。

このイエス・キリストが起こしたとされる奇跡は、実は、その人がいままで願うことさえできなかったことを、イエスという絶対的な愛の象徴を前にして、心から願う勇気を持った人が願った瞬間に自分で起こしたもので、いまも各地で起こっているキリストと聖霊の奇跡とは、人が「純粋に望む」という姿勢によって起こっています。

これを宗教では「信仰」というのかもしれませんが、イエスはこう言いました。
「あなたがそう信じるなら、そうなるだろう」

レムリアンサージャリーでは、このような「人が純粋に望むことを可能にする」存在感によって、本人の望む姿勢を癒し、引きだして、望みを実現できる状態を相手に提案し、創造していくものだと学びました。

さて、私たちは、一切の疑いなく、自分が望んだことが何の条件もなく叶うということをどれだけ確信することができるでしょうか? 私は、この「純粋に望む」ということの神聖さと、自分の中にまだ使ったことのない偉大な力が秘められていることに気づく、そういう目覚めは深い癒しとなり、自分という存在の根本を癒すのだと実感しました。

私たちは無条件に素晴らしい存在!!

純粋に望み、絶対的に信頼していれば、宇宙はその願いを叶えてくれます。そうして、人の望みや喜びによって宇宙はつねに新しくなり続け、その壮大さの中で私たちは生きている。・・・、私は、人間と宇宙との本質的な関係、つながりというものへの気づきを得た気がしました。

それ以来、私自身も自分の望みが叶っていくことは自然なことであると思えるようになり、いろいろなことを無邪気に望むことができるようになりました。そして、講習時に私が望んだことは、1年後に振り返ってみるとほとんどが叶っていたことに、私自身、大きな感動を覚えたセッションでもあります。夢を描く力、ミラクルを起こす力が自分の中にあることを、このセッションでぜひ知ってほしいと思っています。

レムリアンサージャリー~望む喜びによる創造の錬金術

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA