レムリアン風能力開発・ワークが生まれた経緯

能力開発ワークとして現在提供しているのは、2013年に、古代文明の封印解除と能力開発ワークを受講中に、私がレムリア時代に行なっていたことを思い出したことから生まれたものです。

ロンドンでの受講中に、スーパーバイザーさんから「みゆきさん、神殿にいたよね・・・?」と聞かれ、「はい」と確信に満ちて即答している自分に驚きました(ちなみにいまも、“しんでん(新田)”という地名の場所に住んでいます・・・笑)。神殿の中で、私は宇宙の光(エッセンス)を集めていましたが、その光がどう使われるかは、私はまったく意識していなかったのです。

ご案内にも書きましたが、このワークで形成する能力の素材となる叡知やエネルギーのソースは、その方の魂やハイヤーセルフからのものが30%くらい、残りの70%は宇宙のあらゆるエッセンスからダイレクトに集めています。

マナの得意技に、無になるワークというワークがあります。無であるとき、すべてと一体になる、宇宙にはそういう逆説が満ちています。それは、人がすべてを手放した瞬間に、すべてと一つである自分を発見する、そういう意味でのほんとうの自分に立ち帰るワークです。この能力開発は、それとは反対に、すべてである宇宙全体、つまり無から何かを生み出すワークなので、「無になるワークとちょうど対のようになっていて、とてもみゆきさんらしいワークですね」と、スーパーバイザーさんに言っていただきました。

無であるからこそ無限の宇宙と、私たちが望めば何でも手に入れることができる、私たちの「望み」の力、それは同じように壮大で素晴らしいものであり、一人ひとりが宇宙とつながっている、あるいは、宇宙がその人の中にある、そんな宇宙の真理を感じるワークです。

このワークで、一人ひとりがよりご自分らしく自己表現をしてゆける、そんなお手伝いになればと思っています。

 

カリスマフェミニンの覚醒・ワークが生まれた経緯

愛しているとき、幸せです

知人の女性が、結婚してから見る見る美しく妖艶になり、夢だったデザイナーの 仕事を始め、著名人や大御所とよばれるデザイナーも招いてショーを成功させたとき、「愛し、愛されることは、人生の魔法だ!」と大いにインスパイアされたことから、ワークの開発を思いつきました。

そこに愛があり、美があること、それは宇宙との調和を意味しています。ただ美しいだけでなく、愛が周囲の者たちをも輝かせていく、そのような愛について思ったとき、心に浮かんだのがイシスとマグダラのマリアでした。相手をその運命の導くところへ深く行かせ、高めた愛。そのような愛を根源的な部分から呼び覚ま したいという願いがこのワークにはこめられています。

恋人や結婚相手が自分を讃美し、変わらぬ愛をささげてくれれば素 敵ですが、そうでなくても、たとえ相手がいなくても、自分自身が恋人であるかのように自分の気持ちとつながり、理解し、大切に思うこと、誰かに求めていた ものを自分に対して与えてあげること、つまり、自分自身を愛することで、私たちは自分が自分であることに喜びを感じ、安全だとは感じられない環境では内に 秘めてきた美を、表現できるようになるのかもしれません。

2012年の箱庭療法トレーニングのため、ロンドンに到着したばかりの日に開発したワークなのですが、その後2週間のトレーニング期間中に、8人の講習仲間全員から、「きれいになった」という言葉をもらった、衝撃的な効果のあるワークです(笑)。

※カリスマフェミニンの覚醒・セッションのご案内はこちら
※カリスマフェミニンの覚醒伝授・受講案内はこちら