ヒーリングのプロセス

ヒーリングについて

私たちの中に神性(Divinity)の炎があります。その内なる炎につながっていると、心身ともに健康で、
バランスが取れ、幸福を感じます。ところが、 肉体をもって生きているうちに、トラウマ、プログラム、ネガティヴなエネルギー、毒素などがたまり、神性の光を覆うエネルギーの層になってしまいます。

ここでは、そのその層を取り除く、ということをします。その意味で、ヒーリングは内面の光に立ち戻るワークです。

また、このヒーリングは高次の存在とワークします。ハイヤーセルフやヒーリングチームに、この光を覆う層が解放されるようにお願い(コマンド)します。1回のセッションで、準備ができている層をすべて取り除いていきます。

ヒーリングのプロセスと好転反応について

ヒーリングや浄化が起きているときに、身体に感覚がある場合があります。以下のようなことが起こる可能性があります。

あくび、ゲップ、咳こみ、泣く、笑う、ため息、くしゃみ、しびれる、震える、おなら(笑)、など。炭酸水の気泡が身体からシュワーと抜けていくような体感を得る方もいるかもしれません。

セッション後は、ボーッとしたり疲れることが予想されます。セッション後は車の運転や喧騒を避け、できるだけ一人でゆったりお過ごしになってください。

また、お水・白湯を飲むと神経伝達・ヒーリングのプロセスを素早く促進し、好転反応が和らぎ、活力が戻ってきます。セッション後はできるだけたくさんのお水を飲んでください。

☆セッション時間

2時間程度、場合によっては2時間以上かかることがあります。通常、何らかのトラウマやプログラムを解放するために、ハイヤーセルフは一連の流れにそってハイヤーセルフ自身が情報を得たり、クライアントに気づきを与えるためのプロセスを丁寧に踏んでいきます。そのタイミング次第で、長くなったり、短く終わる可能性もありますこと、どうぞご了承ください。

セッションをお受けになる体勢について

長いセッションになりますので、ゆったりした姿勢でお受けください。できれば、ソファに横になるなどしていただくと、ヒーリングがより深く入る可能性があります。また、電話の方は電磁波を軽減するため、そして姿勢を楽に保つためにできればイヤホンマイクをご利用ください。

セッション途中でも、お水を飲んでいただくことを推奨致します。テーブルに飲み水か白湯をご用意ください。また、途中、トイレなどに行きたくなった場合には、どうぞご遠慮なく中座してください。

ヒーリングの範囲

ホログラフィック・マトリクス(その人の多次元的なエネルギー構造)の全体とすべての時間枠、他の次元、現実にも働きかけます。肉体と肉体のすべての系、チャクラシステム、エネルギー体、細胞、細胞記憶、DNA、先祖と遺伝子の系譜、魂、ハイヤーセルフ自身など、すべての領域にヒーリングがおよび、アカシックレコードと魂の記録、未来生からもクリアリングされます。

肉体とスピリットの統合

ヒーリングはスピリチュアルなワークであり、自分自身の完全性を取り戻すプロセスです。ヒーリングによってプログラムやネガティヴなエネルギーが解放されてゆくと、最終的に肉体も癒されていきます。肉体は密度の重いエネルギーの光であり、ハイヤーセルフがホログラフィック・マトリクス全体のクリアリングを行なうとき、光に変わった自分のエネルギーの一部が再び自分自身に統合されます。

また、トラウマやショックがプログラムされた過去生などの他の時間枠や次元に魂の一部が取り残されていることがあります。そうしたトラウマを癒す際にも、取り残された魂の一部が光に変容し、回収され、自分自身の魂に再統合されます。

ヒーリングで起こること

ヒーリングにより、ネガティヴなエネルギーの層が取り除かれると、より高次のエネルギーが人格に流れてきます。神性とのつながりが深くなり、人格も変容・洗練されていきます。低波動の言動はあまりしたくなくなり、食べ物や飲み物の好みが変わってゆく可能性もあります。そうして自分を取り戻してゆくプロセスで、「自分はどういう存在なのか」という信念やアイデンティティの認識も変化していきます。

具体的には怖れ、葛藤、エゴ的な意図が減っていき、ハートが開き、愛と思いやり、やさしさのエネルギーが自分自身と人生に反映されていき、より多くのポジティヴさ、健康、幸福、喜び、良い人間関係、人生への情熱などのあらゆるギフトがやってきます。それは一人ひとりが本来そうであるはずのものを取り戻す過程になります。

☆外からの干渉・コントロール(霊障)について
ショックやトラウマ体験、ネガティヴな感情、プラグラムなどにより、外からのエネルギー的干渉・コントロールを受けることがあります。これはいわゆる霊障と呼ばれるもので、霊障のない状態の人はほとんどいません。ヒーリングのプロセスをより真実の光で照らすため、セッション冒頭と、必要に応じてセッション途中でもこれをクリアリングするためのワークが行なわれます。

ご案内は以上です。何かご不明な点がございましたら、どうぞご遠慮なくお問い合わせください。