存在の癒し・プレゼンスの開発

目の前にいるクライアントさんと、その人の魂の両方を見て、内なる声を聞き、感じることにより、その方の魂のプロセスを理解し、本質的に望んでいる方向に向けてヒーリングやガイダンスを届ける癒しの存在感(存在の癒し)を開発します。

その人が自分自身を見失うことなく、内なる声にしたがって歩んでいけたり、人とのつながりの中で、ありのままの自分を見せられるように自分を受けいれ、ゆるし、心を開いて人と接することができるように、その人の存在そのものを癒し、支えるワークです。

また、存在の癒しのエネルギーには、カール・ロジャースが提唱したカウンセラーの資質としての「無条件の絶対的肯定的態度(Unconditional Positive Regards)」が含まれており、相手の問題に取り込まれことなく、いまこの瞬間を相手と共有し、認め、共感し、交流する、二人が一つの存在のようになって光を見いだし、共に前に歩む癒しの波動(お互いの間に流れる錬金術的エネルギー)が含まれています。

ですので、カウンセリングセッションで、クライアントさんが充分に受けいれられた感覚や、満たされた感覚を味わうことができ、自然にその方自身の力で次のステップへ進んでゆくことを促していきます。また、この癒しのプレゼンスをふわりとまとってクライアントさんの前に座るだけで、クライアントさん自身も同じことができるようになっていきます。

技術を身につけるだけではなく、自分という存在そのものが癒しとなることを望んでいる方や、スーパーバイザー(ヒーラーやワーカーさんの指導をされていく方)に特におすすめです。

7-10日間の準備ワーク
(能力開発に必要なヒーリング、および叡知の伝授)
+電話・スカイプセッション
60-70分 70,000円(+税)

セッションのご予約