様々なネガティヴな存在やエネルギーからの干渉やコントロールを受けることがあります。こうした存在はとても低いレベルの周波数を持ち、人生におけるショックやトラウマ、傷つきやすい状態のとき、あるいは、手術、薬物、アルコール摂取などでできたオーラの亀裂や穴からエネルギー体に侵入します。

これらは高次の光やヒーリングで簡単に取り除くことができるので怖れる必要はありませんが、人生のあらゆる問題に干渉し、中には破壊的で、あらゆる面で妨害をしてくる存在もいるので、こうした霊障を何よりも先に取り除くことが大切です。マナではすべてのセッションでこれを確認し、干渉があれば最初にそれを解消します。

ヒーリングでエネルギーをクリアにし、自分の波動を高く保つことができれば、こうした存在とは共鳴することがありません。

ワークの対象となる現象

  • 未成仏霊(肉体を去ったが、3次元に囚われた魂・共鳴する人の周りをうろうろする)
  • 憑依霊(地縛霊の一部でエネルギー体の中に住み込む)
  • 地球外存在(ET生命体・地球人のデータを収集している)
  • 独立存在(ハイヤーセルフとは別の道へ導く存在)
  • 過去生から付着している霊(肉体を持ったことはない存在)
  • ダークエネルギー(自己が暗い魂だと信じることにより光へのアクセスが遮られた状態)
  • ダークフォース(ダークエネルギーを持つ内外の存在)
  • サタニック&デモニック・エネルギー(執念深く、残酷で、破壊的な地縛霊のグループ)
  • エネルギー的パラサイト(生命エネルギーを消耗させる)
  • エネルギー的インプラント(特定の周波数をブロックするエネルギーメカニズム)
  • エンティティ(低い次元に存在する様々な生命体)
  • デーヴァ(エレメンタルスピリット・眷属等)
  • ルシフェリアン(認識・知覚に歪みを生じさせるため高次チャクラに影響を及ぼす)
  • 生霊・悪想念(何らかの形で有害なエネルギー)

このような自覚症状があるかもしれません

  • 自分がわからない
  • 自分が自分でないような悲しみに苛まれる
  • 喜びがない
  • ネガティヴになりがち
  • いつも身体が重く、非常に疲れている
  • 何かにコントロール・邪魔されている、という感覚がある
  • うつ状態、無気力
  • 絶望感
  • 希死念慮
  • 人間関係が不和になりやすい
  • 不運・事故が起こりやすい
  • なかなか改善しない問題や症状 など


一度、解消した霊障は二度と戻ることはありません。ヒーリングを受けてもなかなかスッキリしない方、長引く問題でお困りの方など、どうぞあきらめずに一度ご相談ください。

おすすめのセッションはこちらです>>